CinnamonデスクトップでWindowsライクなタスクバーを使う 〜Icing Task Managerの紹介〜

taskbar

Icing Task Managerとは

Linuxのデスクトップ環境として、近年人気が高まっているCinnamon。洗練されたデザイン + アプレットを用いた高い拡張性に加えて、比較的クラシックなスタイルを売りにしていて、Windowsユーザーにも馴染みやすいインターフェイスと言える。

一方、そのようなWindowsからの移行ユーザーを想定した場合、タスクバーの挙動には物足りなさを感じるかもしれない。Windows 7以降で採用されている「スーパーバー」(アプリの起動ランチャーとウィンドウリストを兼ねたタスクバー)に相当するアプレットが、デフォルトのCinammonには用意されていないためだ。

そこで今回は、そのような機能を追加するためのアプレットIcing Task Manager」を紹介する。
cinnamon-spices.linuxmint.com
このアプレットは「Window List With App Grouping」という別のアプレットのフォーク版だが、全体的にIcing Task Managerの方が完成度が高く、オススメ。Cinnamonの拡張アプレットとしても、2018年1月現在2番目の人気を誇っており、かなり好評のようだ。

できること

基本的には、Windowsにおける「スーパーバー」の挙動をCinnamonで再現したものと思ってもらえれば良い。ランチャー機能・ウィンドウリスト機能・マウスオーバーによる起動ウィンドウのサムネイル表示・アクティブウィンドウのフォーカス表示・etc…といった機能に対応している。下の画像は、Firefoxアイコンにマウスオーバーした際のもの。
f:id:Cyclodextrin:20180104013929p:plain

以下のような細かい機能にも対応している。
・ 起動中のアプリのウィンドウ数表示
・ サムネイル内での動画等の再生
・ アプリ独自の右クリックメニュー(例えばFirefoxの場合は、プライベートモードでの起動等)の表示

インストール方法

簡単。
Cinnamonパネル上で右クリック → 「パネルにアプレットを追加」 → 「Download」タブ から「Icing Task Manager」を検索して、↓ボタンでインストール。
f:id:Cyclodextrin:20180104013922p:plain

「Manage」タブで「Icing Task Manager」を選択した状態で、「+」ボタンを押すことで、パネルに「Icing Task Manager」アプレットを貼り付ける。アプレットの位置は、Cinnamonパネル上で右クリック →「パネル編集モード」からドラッグアンドドロップで変更。
アプリを開いた状態で、右クリックから「pin to panel」を選ぶことでアプリをタスクバーに登録できる。

設定

「Manage」タブ から「Icing Task Manager」のギアマークをクリック。
f:id:Cyclodextrin:20180104013925p:plain

このへんは好みだと思うが、筆者は以下のような設定変更をしている。
・「Theming」から「Show active app indicators」を「ON」
・「Context Menu」から「Show new window option」を「ON」

かなり細かく設定できるので、いろいろ試してみると良いと思う。

You May Also Like

About the Author: korintje

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です